menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンの資格がある人と無い人の差は?就職先やお客さんに信頼感

資格がある人と無い人の差

エステティシャンに関する資格は公的なものではなく必須ではありません。

各スクールで知識や技術力を学んだり、未経験でもサロンで実績を積むことでプロとして働けます。

しかし、現役のエステティシャンとして活躍している方や講師などが口うるさく必要ではない資格を勧める理由は一体何でしょうか。

そして、資格がある人と、無い人とではどのような差があるのか考えてみましょう。

資格保持者への信頼性の高さ

一般の方がエステサロンを利用する場合何を基準に選択しますか?

知名度や施術料金等を重要視する方もいるかもしれません。

初めて利用するサロンでもっとも気になるのはどんな人が施術を行っているかではないでしょうか。

施術料金が安くでも満足できる内容でなければ、利用した時間も費用も無駄になります。

僅かなお金であっても人は絶対に損をしたくないのが本音です。

だからこそ真っ先に確認するのが、スタッフの資格です。

エステとは体験してみないとその良さを理解することはできませんが、それ以前の選択手段となるのが所有する資格だけなのです。

またサロンスタッフの中には資格保持者と無資格の方が働いていますが、お客さんの立場になって考えると、やはり同じ料金で施術を依頼するなら資格を持っている人を指名するでしょう。

いくらスキルが高いと口で説明されても施術前に確認できるのは、目で見て判断できる資格だけなのです。

最近では歩合制をとっているサロンも多くなっています。

お客さんからの指名が多ければその分評価につながりそれが高収入へと影響しますので、他のスタッフと差をつけ高く評価されたいのであれば、最低限必要な資格は取得して損はないと思います。

資格を持っていることで就職に有利になる

ライセンス不要の職業の一つでもあるエステティシャンの求人は非常に多く、幅広い環境で働くことができます。

ただ、年々エステティシャンを目指す方も増えていることから、採用枠が将来的に厳しくなるのは予想されます。

就職先から内定をもらう場合、まずエステティシャンとしての技術を披露できるわけではありません。

履歴書など書面でもって判断がされることから就職内定を獲得するためには、資格はなくてはならないものと言っても過言ではありません。

企業の中には同期入社であっても、資格を持っている人と無い人との初任給に大きな差をつけたり、与えられる仕事内容が異なるなどの待遇の違いも生じるでしょう。

ライセンスが不要だからこそ何かしらの判断材料が必要不可欠で、それを証明するための資格は重要なのです。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事