menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンになる為のスクール選び3つのポイント

スクール選び3つのポイント

「エステティシャンのプロとして働きたい」と思ったら真っ先にすべきことはどこのスクールで学ぶかです。

独学や通信講座といった方法もありますが、最短で確実に技術や知識を身につけるためには何よりもスクールで学ぶ方が良いと言われています。

誰かの紹介や知名度などで選ぶのではなく、どのような講座を実施しどのような講師陣が在籍しているのか、費用面や就職先の実績など様々なことを確認して自分に適したスクールを見つけるようにしてください。

スクール選びのポイント1・スタイルを選択する

まずスクール選びで考えなければいけないのが、どの程度の期間通学する必要があるのかです。

例えば、一般的な大学のように月曜日から金曜日まで毎日授業が行われる全日制自分の好きな時間に通学できるフリータイム制、さらには学校に毎日通う必要のない通信制があります。

全日制は1年から2年コースが一般的で他のスタイルと異なり授業数が圧倒的に多く、エステティシャンに関する幅広い分野の知識や技術が学べます。

また全日制はたっぷりの時間をかけて技術力を向上させるため、卒業と同時に即戦力としてのエステティシャン育成が可能となるでしょう。

フリータイム制や短期コースの場合、通常1年かける授業を少ない時間に凝縮されているため全日制と比較するとスピーディーかつハードさを極めるでしょう。

コース終了後、即戦力となる実力が備わっていないこともありますので、受験資格の為など目的に応じて利用することをおススメします。

スクールには通信制を完備しているところも多く主婦やOLに人気です。

通信講座のみを行っているケースとは異なり定期的にスクールに通学するなど技術取得に関するフォロー体制も抜群です。

スクール選びのポイント2・授業内容を確認する

次に重視したいのが、どのような授業が行われているかです。

例えば、フェイシャルやボディケア、脱毛などに関する授業はエステティシャンの基礎能力とされるため、それ以外の授業内容を確認するのがおススメです。

近年注目されているのが、アロマ精油等を活用しリラクゼーションを目的とした技術でアロマの基本的な知識や技術を学べるアロマテラピーやホテルなどのスパで活用されているリフレクソロジー、ブライダルエステなどの独自のコースが展開されている場合には、将来の就職先の幅が広がるでしょう。

人気急上昇なのが、まつ毛エクステンション技術で美容系サロンでは必須メニューとなっている為、就職先にサロンを希望している方は必須科目となるでしょう。

その他にも、スクールによってはメディカルエステなど様々な講座を整えていますので、自分が目指すエステティシャンに必要な授業内容であるかを確認しましょう。

スクール選びのポイント3・実績と就職支援状況の確認をする

スクールを無事卒業できても、学んだ技術や知識を生かせなければ意味がありません。

エステティシャンになるためにスクールで学んだのですから、就職先のサポート体制が充実しているスクールを選ぶようにしましょう。

最近ではホテルや大手サロンへの推薦枠があるスクールやスクール直営のサロンを経営している場合もありますので、希望する就職先に近いスクールを選ぶのもポイントです。

ただ注意してほしいのが、直営サロンを設けているスクールの場合、直営サロン以外への就職サポートは行っていない為、ホテルや大手企業、化粧品メーカーへの就職を希望している方は別のスクールを選ぶのがおススメです。

スクール選びを行う場合は、将来自分がどのような場所で活躍しているのかをイメージしながら行うといいでしょう。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事