menu

エステティシャンになる方法と資格

女性・主婦に人気!?手に職がつけられるエステティシャン

手に職がつけられるエステティシャン

女性が手に職をつけるということは今や当たり前の時代になっています。

結婚や出産をきっかけに、これまで続けてきた仕事をやめる必要性に迫られた場合、女性なら誰しもこの先の将来が不安で仕方ないという辛い現実を経験するでしょう。

夫が一生懸命働いてある程度の収入を得ているとはいえ、夫がいつ何時病気やリストラに遭遇するか誰にも予想できません。

そんな一抹の不安から逃れ自身の力でも家計を支えられるようにするための策として、手に職を就けられる仕事が注目されているのです。

エステティシャン等、稼げる技術や資格、知識を持っているというのはどんな状況下に置かれても安心につながるのではないでしょうか。

手に職がつけられるおススメの職業

手に職がつけられる仕事は色々とありますが、近年年齢問わず多くの女性に注目されているのがエステティシャンです。

特別な資格が必要とされず、技術や知識を得られれば誰でもエステティシャンとして働くことができるのが一番の魅力です。

年々その需要は増え他の職種と比較しても求人の件数が多いのも特徴です。

また、努力次第では一般的な女性の収入と比較しても、高待遇を期待することも可能で美容に関心の高い女性にはおススメの職業です。

年齢問わずやる気さえあれば、何歳からでもスタートするのに遅いと言うこともなく、定年という時期を迎える心配もありません。

働き方も色々で正社員としてフルタイムで働くのとは別に、パートやアルバイト、派遣社員、または独立やフリーとしても活躍できます。

エステティシャンの将来性

従来と比較するとそのニーズは年々高まり女性問わず男性エステティシャンの活躍も目立つようになっています。

またエステティックサロンだけでなく今や空港やホテル、デパートなどあらゆる場所でサロンやスパが開設され、そこで働くエステティシャンの需要も多くなっているのです。

経験を重ねることで独立開業やフリーランスとして出張サービスなど幅広く活躍している方も多いのが、エステティシャンが多くの方に選ばれている理由です。

就職先はサロンだけでなく「ホテル」や「医療機関」「大手企業」に「化粧品メーカー」「自社サロン」「ブライダル関係」など色々な場所で働くことができます。

手に職をつけていることから経験とスキルさえ評価されれば、国内だけにとどまらず海外でもエステティシャンとして働くことは可能なのです。

エステティシャンの技術を身につけるには

独学、通学、通信など色々な方法でエステティシャンを目指すことはできます。

ただ将来性を考えると美容専門学校、もしくは日本エステティシャン協会認定のスクールに通うことがおススメです。

また、関連する資格、技術も幅広く習得しておくといいでしょう。

最低でも半年から1年の通学を経て下積み経験をさらに1年から2年、プロとして3~4年の経験を重ねるとフリーや独立も夢ではありません。

手に職をつけるまではそれなりに努力は必要です。

しかし誰がもできることではないため一生自分の腕一つで収入を得ることが可能となります。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事