menu

エステティシャンになる方法と資格

勤務先別にエステティシャンが要求される技術

勤務先別に要求される技術

エステティシャンに必要とされる技術は就職先によっても異なります。

基本技術としてはフェイシャルやボディケアその他痩身に脱毛、カウンセリングなどがありますが、この作業以外にもお客様のニーズにあわせた技術力が要求されます。

ここでは就職先別にどのような技術が求められているのかをまとめていますので、自分が希望しているところでは何が必要なのかを今一度確認するようにしてください。

エステサロン就職に求められる技術

ここで求められる技術はエステティシャンの基本技術と変わりません。

人間の身体に直接触れて施術を行うため健康や美容、その他人間の身体についての基礎、専門的な知識は必要不可欠です。

またエステサロンを利用するお客のほとんどが、美容や健康面に何かしらの不安コンプレックスを抱えていますので、お客様としっかりと向き合い、話を聞き適切なアドバイスを提供できるような接客、コミュニケーション能力は最低限必要です。

ホテルエステティシャン就職で求められる技術

ホテルエステティシャンに要求される技術はサロンやエステ、スパなどと同じです。

しかし、ホテルに設置されているスパ等ではホスピタリティーが重要とされることが多いため、ホテルのブランドを汚さないような礼儀マナー、サービスなどが必要不可欠です。

単なる施術ではなく滞在期間や旅行の状況などに応じた気遣いができる施術技術が必要です。

大手化粧品メーカー就職で求められる技術

大手化粧品メーカーのエステティシャンとして勤務する場合は直営店、もしくはデパート勤務となります。

デパートの場合1回の施術で客に製品の良さを知ってもらう必要があるため、限られた時間内での最高のパフォーマンスが求められます。

施術スキルはもちろんですが、商品を販売するための営業センスそれを実現するため自社ブランドへの深い知識力が要求されます。

スパセラピストやリラクゼーションサロン就職で求められる技術

癒しの空間として近年注目されているのがスパやリラクゼーションサロンです。

男女問わず多くの客を相手にするのが特徴的で一般的なマッサージ施術だけでなく、トータル的な知識と技術を要求されます。

エステティシャンの中には指圧や整体師の資格を持っている人もいるなど美容や健康をあらゆる角度からアプローチする能力が要求されます。

また、マッサージにアロマ精油を利用することもありアロマに関する知識や資格を持つ方が優遇されます。

以上のように就職先によってエステティシャンのスキルとはまた異なる技術を要求されることもありますので、希望する就職先のエステティシャンの業務内容を良く理解した上で、取得しておいたほうが有利になる資格やスキル、知識を早めに習得するようにしましょう。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事