menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンは独学でもなれる?独学のメリット・デメリット

独学のメリット・デメリット

エステティシャンを目指す場合「学校に通ったほうがいいのか?」「それとも独学で学んだほうがいいのか?」の選択に迷う人もいるかもしれません。

専門学校に通ったから必ずエステティシャンになれるという保証もありませんし、独学だから絶対にエステティシャンになれないということもありません。

実際に、プロで活躍している人の中には独学でも頑張ってきた人もたくさんいます。

ただし、その道は非常に険しく簡単ではありませんので、通学スタイルに比べて難しいといわれている独学のメリットとデメリットを理解した上で活用することをおすすめします。

後悔しないためにも独学が本当に自分に適している勉強方法なのかを判断するようにしてください。

独学のメリット

確実に言えることは独学よりも通学スタイルのほうが、エステティシャンになるための近道であるということ。

それなのになぜ独学を選択しようとするのかその理由はたった一つ勉強費用です。

学校に通うとなると当然かなりの費用が必要となります。

入学金や授業料、教材費に実習費その他通学するために必要な交通費に食費など色々なことを考えてもざっと100万以上は必要でしょう。

それに比べ独学は自分が必要と思う教材を必要と思うときに購入するだけ、しかも自宅で勉強を行うため移動に必要な交通費も必要ありません。

友達との交際費や食事代なども一切必要ないため無駄な費用を準備する必要もないのです。

独学のデメリット

まず通学した場合には次のようなメリットがあります。

各種試験にむけ綿密な授業内容が組み込まれているため、ただ授業に出席するだけで試験対策がスムーズにできるという点です。

その授業を担当する講師は現場で活躍しているプロのエステティシャンとなるため、旬な情報や技術を学ぶ事ができます。

さらに同じ夢を持つもの同士が肩をならべ日々過ごすため厳しく、辛い勉強期間だとしても切磋琢磨し乗り越えることができるでしょう。

卒業後の就職斡旋を行うスクールも年々多くなっていることで、夢に向けて確実に一歩を踏み出すことができます。

一方独学は時間管理のすべてを自分自身で行う必要があるため、なかなか計画的に学習を進めることができないといった問題点があります。

さらに難しい問題が発生した場合でもそれを教えてくれる講師が側にいないため問題解決までにかなりの時間を要する、もしくはクリアできないまま前に進む必要があるなどの問題も発生します。

不安定な基礎知識のままでは当然難しい試験に合格することはできません。

また一緒にその辛さを分かち合い情報を交換する仲間がいないため、モチベーション維持がとても難しく途中で断念する方が多いのも独学の特徴の一つです。

さらにもう一つ、安価ではじめられる独学は勉強費用をそれほどかけていないことで、いつでもやめてもいいと諦めやすい環境でもあるのです。

逆に、通学スタイルの場合は高い学費を払ってしまっているから、簡単にはやめられない最後まで頑張るといったモチベーション維持に繋がるのです。

以上のことからもわかるとおり、独学でエステティシャンを目指すことは不可能ではありませんが、かなりの高いハードルがあるということを忘れないようにしましょう。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事