menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンの勉強費用はどの位かかる?独学・通信・通学の違い

独学・通信・通学でかかる費用の違い

エステティシャンになるための勉強を行うためには「通学」もしくは「通信講座」「独学」など大きく分けて3つの方法から選ぶことができます。

専門学校やスクールなどの通学スタイルの中には日本エステティック協会が認定する養成施設が全国各地にありますので、認定校を選んで通学することをおすすめします。

お住まいの地域に「エステティシャン関連の専門学校がない」「通学する時間にゆとりがない」「学費面で問題がある」という場合は、通信教育や通信講座でもエステティシャンを目指すことはできます。

ただし、その場合にはエステティシャンに必要不可欠な手技を学ぶことができる、実技指導を定期的にフォローしている通信講座を選ぶ必要があります。

独学でも不可能ではありませんが、大変厳しい状況になることは明らかですので、どのような方法がより確実にエステティシャンになれる方法なのかをじっくりと考えるようにしましょう。

ここでは、学びの方法として最も重要となる勉強費用について色々とまとめていますので参考にしてください。

専門学校に通う場合

エステティシャン関連の専門学校やスクールに通学した場合は、卒業後、就職斡旋をしてくれるところがほとんどで学んだことをすぐに活かすことができるのが大きなメリットの一つです。

ただ、独学や通信講座と比較すると勉強費用が高くなるため、入学を躊躇している人も少なくありません。

通常エステティシャンの専門学校は3ヶ月から半年のコースと、半年から1年のコース、1年から2年たっぷりと時間をかけて学ぶコースに分かれています。

各コースによって、学費が異なり年数が長くなればなるほど高くなります。

各地域や学校によっても勉強費用は大きく異なりますが95万から高いところで120万以上となります。

内訳としては入学金が10万から15万程度、授業料が45万から100万、プラス施設維持費の年間20万、実習費が40万前後となります。

これらの学費は一括納入だけでなく教育ローンなどの分割、月賦に対応している学校が多くできる限り多くの方が気軽に通えるよう学費負担の軽減措置が導入されています。

通信講座、通信教育を活用する場合

どうしてもエステティシャンの専門学校に通うのが難しいという方は通信講座や通信教育を利用するといいでしょう。

通信教育の場合、約半年コースが一般的で通学スタイルと比較すると勉強にかかる費用が格段に安くなります。

例えば、半年のコースの場合入学金が平均3万円前後、受講料は30万円前後、別途教材費に10万円前後となるのが一般的です。

また実技コースが含まれている場合は別途実習費用が請求されます。

通学スタイル同様に学費の一括だけでなく、分納、月賦、その他学費の支払い方法を相談することが可能で、半年コース卒業後、日本エステティック協会認定のエステティシャンの検定試験を受けることも可能です。

その他、一般サロンでの実務経験が1年以上もしくは認定フェイシャルエステティシャンの資格保持者である場合は1年コースを選択した場合でも、半年コース同様の学費にて講座を受けることができます。

独学でエステティシャンを目指す場合

独学で必要となる勉強費用はテキスト代とエステ練習用のマネキンなどで、教材費10万円前後、マネキン購入費に2万円前後程度と予想されます。

ただし、資格試験に関する費用は別途必要となりますので事前に確認するようにしましょう。

勉強費用については独学がもっとも安価にて抑えることはできます。

しかし、その分エステティシャンを目指す環境としてはとても厳しく険しい道のりであることを忘れないようにしましょう。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事