menu

エステティシャンになる方法と資格

男性でもエステティシャンになれる!その現状とは?

男性でもエステティシャンになれる

エステティシャンに性別は問題ありません。

近年、男性でも美容やおしゃれに関心を持つ人は多く男性向けの化粧品や男性専用のエステティックサロンなども年々多くなっています。

そのため、女性エステティシャンだけでなく男性のエステティシャンの需要も増えているのは確かです。

男性エステティシャンの仕事内容

エステティシャンは男性でもなれますが、実際のサロン等でどのような施術を行っているの紹介しましょう。

各サロンによって施術やサービス内容は異なりますが、特に人気となっているのが脱毛施術で男性特有の濃すぎるひげのケアを希望する男性が多くその技術は最低限必要です。

その他、毛穴ケア等のフェイシャル、痩身、美肌、カウンセリングなど、女性と同様のスキルを身につける必要があります。

男性エステティシャンになるためには

男性がエステティシャンを目指す方法としては美容系のスクールに通学するスタイルから、都合の良い時間を有効活用して学ぶ通信講座スタイルその他独学等があります。

またメンズサロンの中には未経験の方を一から指導する方法でアルバイト募集を実施しているところもありますので、自分にあった方法でエステティシャンを目指すといいでしょう。

それぞれに良い点もありますが確実にスピーディーに現場で活躍できる技術を習得したいならば、美容系のスクールや専門学校への進学が一番良い方法です。

ただし、独学や通信に比べると学費が高額るため事前に各学校の学費や授業内容、実績等を確認するようにしましょう。

男性エステティシャンの収入について

男性エステティシャンの収入は女性の収入面とさほど変わりません。

サロンに正社員として入社した場合初任給で月給20万から35万程度、さらに指名率が高ければ高いほど特別手当や技術手当てを支給されることもありますので努力次第で高収入を目指すことはできます。

しかしほとんどの場合、1年から2年程度は研修期間もしくはアシスタントとしての雑務経験が必要なため、月給は15万程度のスタートと大変厳しい状況である事は確かです。

ただ、経験を重ねればいずれ独立やフリーを目指すこともできますので成功すると若くして高収入を得ることも夢ではありません。

男性エステティシャンの将来性

男性エステティシャンが増えているとはいえ現状では女性のエステティシャンが、全体の約8割以上を占めているなどまだまだ女性優位の業界といえます。

女性エステティシャンが女性客も男性客も対応できるのとは異なり、男性エステティシャンは男性客しか対応できません。

そのため男性エステティシャンが活躍できる場所は男性客が来店するサロンなどが中心となるなど、就職先が見つかりにくいといった問題もあります。

それでも、以前と比べると美容やおしゃれに関心の高い男性が急増していることを考えると、今後メンズ専用のエステサロンが増え男性エステティシャンの需要も増えることを大いに期待してもいいのではないでしょうか。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事