menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンに年齢制限は無いが若い方が有利な現状

若い方が有利な現状

エステティシャンになるのに年齢制限はありません。

誰でもやる気さえあれば、何歳からでも勉強をすることはできます。

ただ、「大手企業に就職したい!」「幅広いステージで活躍したい!」という場合には話は別です。

その理由は表立っての年齢制限はないものの、できれば若い人を採用したいというのが採用する側の率直な意見なのです。

今、エステティシャンになりたいという気持ちが本物なら、迷って無駄な時間を費やすのではなく少しでも若いうちにスキルを磨くよう行動するのが賢明です。

独身で体力のある女性を好む

エステティシャンには年齢制限は無いものの、なぜ若いければ若いほど有利になるのかという理由は体力を必要とする職業だからです。

手技で施術を行うエステティシャンは1日に何人もの客を相手にするのは当たり前です。

しかも立ったまま作業をすることが多いため1日に多い方で、8時間以上もの労働を強いられるのは当たり前です。

時には中腰の姿勢のまま施術を行う事もありますので、身体への負担は想像以上です。

またエステを利用するOLさんや主婦の方は平日夕方以降、その他土日、祝日の利用者が多いのは当たり前で、遅い時間まで働くことになります。

デスクワークとは異なり体力に自信がなければ続けられない職業となるため、当然若く元気のある方を優先的に採用する傾向にあるのが現実です。

さらに、土日祝日、夜10時までの営業時間となっているサロンが多く、そのため主婦業との両立は厳しいと判断されることから独身女性を採用条件に掲げて所が多いのも現状です。

結婚の予定のない方を好む

若ければ若いほど良いという理由の一つにエステティック業界が抱える離職率の高さも背景にあります。

就職後、すぐに一人前として仕事が与えられるのではなく厳しい下積みを経験する必要があります。

ただでさえ厳しい状況であるにも関わらず、結婚適齢期とされる20代後半から30代、40代の女性のを採用することで結婚を理由に早期離職する方がいるのも事実なのです。

せっかく採用した人材がすぐにやめてしまってはその分サロンや企業は損をすることになります。

そのリスクを避ける為、結婚しそうな年齢の女性の採用を残念ながら敬遠する傾向も稀にあります。

年齢制限はないとはいえ、これらの理由から若い世代の方を好む傾向にあり現実は非常に厳しい条件が課せられていると考えてもいいでしょう。

ただし、必ずしもすべてのサロンや企業がそうであるとは限らず、また結婚し主婦業をしている人でも働き方や働く先を選ぶことで、上手に両立している方も多く存在します。

例えば、主婦の方の場合、正社員として働くのではなくパートやアルバイトなど、ライフスタイルに合わせて勤務時間を選択しスキルに自信がある人は自宅の一室でサロンを開業するのも良い方法だと思います。

環境に馴染める柔軟性が必要

エステティシャンになるための年齢制限はありませんが、若い人がほとんどの現場となりますので、その環境に馴染める柔軟性は必要です。

もしかすると上司に当たる人が21~23歳程度のとても若い方になる可能性も少なくありません。

若い人に厳しいことを言われたり、顎でこき使われるようなこともあるでしょう。

それでもいつかはプロとして活躍するという強い意志と根気強さがなければ、この業界で成功することは難しくなります。

以上のように年齢に関係なく誰でもエステティシャンとして働くことはできますが、年齢制限がない分、大変厳しい世界であることはよく理解しておくようにしましょう。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事