menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンの適性必要なスキルは?

エステティシャンの適性必要なスキルは

近年多くの方がエステティシャンに憧れエステ業界に就職希望をしているといいます。

しかし、いざ仕事を始めてみると想像していたものとは異なっているといった理由から早期離職者が多いのも事実です。

美容を取り扱う仕事となるため一見華やかそうな印象を受けてしまうエステティシャンですが、実は見た目とは裏腹に体力がものすごく要求されます。

単なる憧れだけでエステティシャンになりたいと思っている人は本当の良さを知る前に挫折することもありますので、どのような人がエステティシャンに向いているのか今一度チェックしてみるといいでしょう。

美に対する意識が誰よりも高い人

人に美を与える仕事がエステティシャンですから、当然施術をするエステティシャン自身が美に対する高い意識を持ち続ける必要があります。

美容に興味のない人は当然ですが、この仕事には100%向いていません。

日頃から美容や健康意識が高く自分自身が綺麗であり続けるための努力を怠らない人、そしてその良さを他の誰かにも親切丁寧に伝えることを良しとしている人はエステティシャンとして長く活躍できるといえます。

ただ、美を取り巻く環境は日々急速に進化し続けていますので、常に新しい情報をキャッチし取り込めるだけの貪欲さも必要です。

コミュニケーション能力が高い人

人対人の仕事ですからコミュニケーション能力は必要不可欠です。

エステを利用する人は健康な人よりも弱っている人が多いのが現状です。

疲労や苦痛を取り除き心身ともにリラックスしてもらうためにはスキルだけではどうしようもないこともあります。

どこに疲れを感じどのような悩みを抱えているのかを言葉を交わすことで聞き出すことができるのです。

腕に自信があるから会話なんて必要ないと思っている方もいるかもしれませんが、それだけでは一流のプロとして活躍するのは難しいでしょう。

体力に自信のある人

綺麗な女性が働いている華やかな職場という印象が強いエステティシャンですが、立ちっぱなしの仕事と手技でマッサージを行うことから何よりも体力がものをいう職場です。

勤務時間が12時間以上となることも珍しくありません。

特に人気のサロンなどはひっきりなしに来客があり休んでいる暇は無いほどです。

施術をしている間はずっと立ちっぱなしなのは当たり前ですが、中腰の前かがみの姿勢によって腰や背中、腕などに痛みを感じる事もあるでしょう。

そのような過酷な状況で仕事を続けるためには誰よりも体力に自信がなければいけません。

辛い表情をお客さんに簡単に見せるような人はこの仕事には向いていません。

上記の3つですが、実はやっていくうちに自然に身に付くスキルでもあります。今が無いからダメという事ではなく、今後必要になっていくことを知っておいて下さい。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事