menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンの資格以外に必要なスキルは?

エステティシャンの資格以外に必要なスキル

公的な資格がないエステティシャンですが、その分確かな技術力がなければ一流のプロとして活躍することはとても厳しい状況です。

そのため近年、本格的なエステティシャンを目指すため、各種資格を取得する方は多くなっています。

また多様化する消費者のニーズに対応できるよう高いスキルはもちろんですが、様々な客の要求にも応えられるよう幅広い資格やスキルが求められているのです。

ここでは、エステティシャンの資格取得以外にどのような資格やスキルが必要なのかを紹介します。

まず就職などで有利に働く資格の一つに美容脱毛士があります

美容脱毛士とは

エステを利用する客を詳しく分析すると、フェイシャルケア、ボディケア、脱毛ケアなどの目的で利用されています。
中でも最近群を抜いて人気を集めているのが脱毛ケアです。

良質なテクニックと豊富な知識、そして何よりもお客さんに満足感を誰よりも与えられる最高のエステティシャンを目指すためには、美容脱毛士の資格を持っていることも重要なポイントとなるでしょう。

美容脱毛士になるには筆記、実技の受験に合格しなければいけません。

ただ受験資格が必要で、エステティックスクールや専門学校の基礎カリキュラムを300時間以上と脱毛カリキュラムを100時間以上修了したもの、その他にも脱毛カリキュラム300時間以上プラス、実務経験が半年以上の方となっています。

受験には筆記8千円、実技1万円が必要となります。

他のエステティシャンと差をつけるためには今最も注目されている脱毛施術に関するスキルを高める必要性がありますが、それ以外にも勉強しておくと有利になるスキルがありますので覚えておくといいでしょう。

必須スキル「ヒアリング能力」

エステを利用するお客様は何かしらのコンプレックスを抱えており、これまでの自分とは全く違う人間になりたいという願望があります。

ただ、これまでとは違う理想の自分といってもその要求は人によって様々です。

そのためどのようなコンプレックスを抱えており、どう変化しかいのかを詳しく理解し、少しでも理想に近づけるよう丁寧なヒアリングが必要です。

ヒアリングとは、お客さんが発する些細な情報から多くのことを読み取る能力のことで、時に時間をかけて聞くという姿勢も要求されます。

必須スキル「カウンセリング能力」

誰かを綺麗にすること、それをサポートできる仕事をするのがエステティシャンです

エステティシャンが行う施術によって、お客さんは日に日に美しく変身を遂げることはできるはずです。

ただ、施術を受けている間だけ綺麗になっても本当の意味で、誰かを綺麗にしたことにはなりません。

エステティシャンに求められているのは施術をしたときだけ美しくするのではなく、その後も継続的に美を追求し続けていける力をお客様自らが持ち続けられるようサポートすることまでとなるでしょう。

そのためには日常生活におけるアドバイス、美しさを持続させるためのモチベーションの持ち方、効果の高い日々のケアテクニックなど施術以外のサポートを徹底できる能力も求められます。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事