menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンの仕事のこんなところが楽しい!

仕事のこんなところが楽しい

エステティシャンに限らず、仕事とは楽しいことばかりではありません。

ただ、仕事とは長く続ければ続けるほど、その仕事の良さを実感し楽しみを噛み締められるものなのです。

エステティシャンの仕事も見た目以上にハードで、体力を必要とする仕事です。

それでも、多くの女性を魅了し年々エステティシャンになりたいと思う人が増えているのにはやはり仕事での楽しい面が、別の仕事と比較しても多いからではないでしょうか。

ここでは、実際に現場で活躍しているエステティシャンがどんなところに楽しいと感じているのかをまとめていますので、将来エステティシャンとして働きたいと思っている方は参考にするといいでしょう。

仕事での楽しい面は?「自分が綺麗になれる」

人を綺麗にするお仕事のエステティシャンですが、そのテクニックや知識は当然自分の美容や健康維持にも活用できます。

女性は日々美を追求しています。

エステティシャンとしての知識や技術がスペシャリストであればあるほど、年齢に関係なく綺麗であり続けることができます。

そのためエステティシャンである以上美しさを保つことは当然のこと。

仕事を続けるだけで、自分が綺麗になれるという特権は、仕事での楽しい面と言えるのではないでしょうか。

仕事での楽しい面は?「女性同士で美について語れる」

メンズエステティックサロンが増えているとはいえ、今だ女性中心の職場と言ってもいいでしょう。

働いているスタッフは全員女性というサロンも少なくありません。

また20代から40代、アルバイトやパートなどを含めると幅広い年齢層の方が働いているのが特徴的です。

女性にとって最も関心度の高い、美容についてあらゆる世代の方の意見が聞け、それについて会話を繰り広げられるのはエステティシャン業界ならではといっても過言ではありません。

仕事の合間のスタッフ同士のコミュニケーションやどんな情報誌よりもリアルな意見、体験談を旬な情報として入手できるその環境を楽しいと感じている方は多いようです。

仕事での楽しい面は?「お客との距離が近くなったとき」

初めてエステを利用するお客様は皆それぞれコンプレックスを抱えています。

コンプレックスはいくらプロとはいえ簡単に打ち明けることはできません。

しかし、エステティシャンのテクニック次第では少しずつ悩みを打ち明け、最終的には誰よりも信頼できるパートナーとして美容や健康以外のプライベートな悩みを打ち明けるまでに、お客さんとの関係が親しくなることも珍しくないといいます。

お客様との距離が近いと言うことは、それだけ信頼されているという証にもなり仕事の楽しさを実感できる瞬間かもしれません。

中には施術を担当したお客さんと仕事と言う環境を超え、プライベートで交流しているという方も多いなど人脈を広げられるのもエステティシャンの魅力です。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事