menu

エステティシャンになる方法と資格

エステティシャンって一体どのくらい稼げるの?平均月収と年収

エステティシャンの平均月収と年収

エステティシャンって一体どのくらいのお給料をもらっているのか気になりますよね。

仕事のモチベーションを上げるのは綺麗ごとではなくやはり収入面も関係してきます。

ここではエステ業界の相場より、エステティシャンがどのくらいの収入を得ているのかまとめています。

エステティシャンの平均的な給料は?

各地域や就職先、勤務状況等によって給与は異なりますが、平均的な月収の相場は18万から23万前後と言われ30歳で、年収300万から400万程度が平均とされています。

サロンによっては歩合制を導入しているところが多く、お客さんからの指名が多ければ多いだけ評価として加算されますので、その分年収はグッと高くなります。

しかし、毎月安定したお給料を手にする前に見習い期間として雑務等を経験する必要があり、その場合は時給制が一般的です。

研修期間や見習い期間はアルバイトやパート扱いとなり時給600円から1200円程度で、非常に厳しい生活状況を強いられるのは予想されます。

そのためダブルワークをしている方も少なくありません。

見習い期間を経てやっと正社員となっても長時間労働になることは当たり前で、成績次第では給与面があまりよい待遇といえない状況に置かれている人も少なくありません。

それが原因で早期にやめてしまう人もいるなど、エステティシャンに限らずワンランク上のステージで活躍するためにはある程度の努力と忍耐は必要不可欠です。

サロンなど、大手企業等で正社員として勤務した場合40%の方が年収200万から300万前後、年収200万以下が15%前後、300万から400万が30%前後、となっています。

エステサロンを開業した場合の年収は?

エステティシャンはお客さんからの信頼が高くスキルが評価されれば、独立やフリーを目指すことも可能となりますので、雇われている時と比較しても格段に収入面のアップが期待できます。

独立には資金が必要で軌道に乗せるまでは大変厳しい状況になることは仕方ありませんが、手腕次第では年収500万から数千万円以上と成功を収めることも可能です。

資格やキャリアで年収アップが期待できる

年収アップを目指すための方法に独立やフリーがありますが、それ以外にもエステティシャンに関連する各種資格取得を行うのも一つの方法です。

特別な資格は必要とせず誰でもエステティシャンとして働くことはできますが、各種資格を保持していることでプラス評価されそれが基本給に加算される制度を設けている企業やサロンも増えています。

特に大手企業の場合、履歴書選考の段階で資格を持っていることで高い評価を受ける可能性もありますので、初任給が高く設定されることもあります。

その他、現場の経験年数によっても給与が格段に高くなりますので、年収アップを少しでも図りたい場合には資格取得、幅広いサロンや現場での経験を積むなどを検討するのもいいでしょう。

エステティシャンの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • エステティシャンの資格について知りたい!
  • とりあえずエステの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
エステティシャンへの第一歩を踏み出すためにやる事!


関連記事